キャッシングの金利 どこが低い?

金利ってご存知ですか?キャッシングやカードローンを利用する方は必ず知っておいた方がいい言葉。
そして、金利は少しでも低い方がお得にお金を借りることができるんです。
当サイトでは金利の計算方法オススメの金利が低いキャッシングをご紹介いたします。
これからキャッシングを考えている人はぜひ金利について簡単でいいので知っておいてください。

 

オススメのキャッシングは?

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分

30日間無利息サービス!
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能! 店舗に行けない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・女性のためのキャッシングサービス、プロミスレディースキャッシングを提供。こちらは、女性オペレーターが申込みや相談に対応してくれます。(女性オペレーターの応対を希望する男性の利用もOKです。)

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

↓レディースキャッシングはこちら↓

↓女性オペレーター希望男性もOK↓

 

三井住友銀行グループのモビット

貸付利率 自動審査
受付時間
メリット
3.0%〜18.0% 平日9:00〜14:50 WEB完結申込でスピーディーに即日融資!
三井住友銀行グループのモビットなので安心して利用できます。限度額は頼れる800万円。「いざ!」というときにも安心。会員専用サービスも充実しており、返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。

【特徴】
・10秒簡易審査
(10秒簡易審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。)
・「WEB完結」申込で利用開始までがスピーディー
(三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座がある場合)
・14:50までの振込手続完了が必要です。
・審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます。

↓公式サイトはこちら↓

http://www.mobit.ne.jp/

 

じぶん銀行カードローン

貸付利率 自動審査
受付時間
メリット

<借り換えコース>
1.7%〜12.5%(auユーザーは0.5%優遇)
<誰でもコース>
2.1%〜17.4%(auユーザーは0.1%優遇)

-- AUユーザーであれば金利が優遇
じぶん銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資の銀行。KDDIといえば携帯電話会社のAUが有名ですね。じぶん銀行カードローンは申し込みや借入、利用状況の紹介などを携帯電話で行うことが可能。銀行カードローンのため、総量規制の対象外であり、銀行では珍しい即日融資も可能です。さらに、最大のメリットは、AUユーザーであれば金利が優遇されており、誰でもコースは0.1%優遇、借り換えは通常よりも最大0.5%優遇。もちろん、AUを利用していない方でも契約は可能です。AUユーザーでじぶん銀行の口座があれば、本人確認書類も不要です。

↓公式サイトはこちら↓

http://www.jibunbank.co.jp/

 

第三銀行カードローン「SUN」

貸付利率 自動審査
受付時間
メリット
4.8〜14.5% -- 最大限度額1,000万円まで
第三銀行カードローン「SUN」は、三重県松坂市が本店の地方銀行。残念ながら契約可能なのは、三重県全域のほか、愛知県・岐阜県・奈良県・大阪府・和歌山県の一部地域に住んでいるまたは勤めている人のみとなります。その分金利も14.5%とかなり低く、最大限度額は1,000万円と大手銀行に引けを取らない融資額が魅力の銀行カードローンです。最短で即日融資も可能、さらに365日利用手数料はいつでも無料なので頻繁に利用される方にはお得ですね。また、500万円以下は収入証明不要なのも急ぎのときには便利です。

↓公式サイトはこちら↓

http://www.daisanbank.co.jp/

 

 

キャッシングの金利の比較方法について

金利は、○○%〜○○%のように記載されています。左側の数字を下限金利、右側の数字を上限金利といいます。
キャッシング会社同士の金利を比較する時は、上限金利で比較するのが鉄則です。
その理由をご説明しましょう。

 

キャッシングの○○%〜○○%というのは、借り入れ限度額に反比例します。
例えば借り入れ限度額が100万円のキャッシングがあるとします。
100万円借りている時は下限金利が適用され、10万円借りている時は上限金利が適用されます。
つまり、最初に契約した時に20万円が限度額で契約した場合は最も高い金利が適用されるということになります。

 

例)アコムの場合
・金利 3.0%〜18.0%
・借り入れ金額
限度額いっぱいの800万円の場合・・・3.0%
10万円の場合・・・3.0%

 

例)三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合
・金利 4.6%〜14.6%
・借り入れ金額
限度額いっぱいの500万円の場合・・・4.6%
10万円の場合・・・4.6%

 

このようになります。

さて、この2つのキャッシングを比較した場合、どうなるでしょう?
初めての契約でいきなり限度額いっぱいで借りられることはまずありません。
ほとんどが10万円で申請して20万円程度だと思います。
となると、最も高い金利が適用されることになりますので、アコムは18.0%、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は14.6%ということで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が低金利、ということになります。

 

キャッシングは、最初から限度額いっぱいの金額を契約してくれることはほぼありません。
50万円以上でも厳しいでしょう。
高額融資は、契約して利用している間に限度額引き上げという形でアップしていきます。
なので、最も低い金利が適用されるのは、1年以上契約した後になるでしょう。
上限金利で比較するべき、と言われるのはこういった理由からなんですね。

 

低金利かどうかを比較する場合は、必ず上限金利で比較するようにしましょう。

 

キャッシングの低金利は銀行が圧倒的!

種類 会社名 上限金利 下限金利
銀行 みずほ銀行カードローン 14.0% 4.0%
銀行 楽天銀行カードローン 14.5% 4.9%
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 4.6%
消費者金融 プロミス 17.8% 4.5%
消費者金融 アイフル 18.0% 4.5%
消費者金融 アコム 18.0% 4.7%
信販系 JCBカード 18.0% 15.0%
信販系 三井住友VISAカード 18.0% 15.0%

上限金利だけを見てみても一目瞭然なんですが、金利は銀行が圧倒的に低金利です。
消費者金融と信販系はほぼ同じで、下限金利でも比較してみると消費者金融の方が低いくらいです。
クレジットカードのキャッシングは非常に使いやすいですが実は一番金利が高いんです。

 

低金利のキャッシングでお金を借りる最大のメリットは、長期間利用すればするほど安い利息でお金を借りることができること。
短期間の少ない金額であればさほど気にすることはないと思いますが、100万円以上を長期間かけて返済するとなるとこの金利の差が大きく響いてきます。
一時的なピンチを乗り切ってすぐに返済するのであれば消費者金融やクレジットカードのキャッシングでもOKですが、もしこの先もずっと利用していこう、困った時に使えるようにおいておこう、と思っているのであれば、銀行のキャッシングを利用した方がお得で長く利用できると思います。

 

金利が安い消費者金融で借りたい

金利が安いキャッシングというとどうしても銀行カードローンがランキング上位に位置づけされてしまいますよね。
消費者金融は金利だけで言うとどうしても銀行には勝てないんですが、それでも消費者金融で借りたいという人にも中にはいるものです。私も実はその一人です。

 

金利が高いけれど、消費者金融で借りたいメリットはそのサービスのよさにあります。

誰にもバレずにお金を借りたい

誰かに気づかれないようにお金を借りたい人にとって、消費者金融以上にサービスが充実しているキャッシングはありません。
誰にもバレたくない」という要望に対して細かく対応してくれるのは消費者金融のみです。
例えば、明細が自宅に送付されてくることはありませんし、督促の電話などが自宅にかかってくることもまずありません。
また、カードデザインなどもバレにくいデザインが採用されていたりするため、安心してカードをお財布に入れておくことができます。

 

明細を郵送されたくない

利用明細が自宅に郵送されてくることはありません。
消費者金融でのキャッシング利用履歴は、Webで確認することができたり、ATMで借りた時に明細が出てくるのでそれで確認することができたりします。
クレジットカードなどのように明細が自宅に郵送されてくることはありません。

 

好きな時に返済したい

私が消費者金融で借りたい一番の理由がこちらです。
毎月一定の返済日は設定されていますが、基本的に消費者金融のキャッシングはいつ返済してもOK
好きな時に返済をすることが可能です。
例えば今月は余裕がないから利息だけ支払っておこう、今月は余裕があるから全額返済しよう、と言った具合に好きなタイミングで返済することができます。
これはクレジットカードのキャッシングなどではできない方法なのでいいですね。

 

このように、消費者金融のキャッシングは金利は高いけれどそれ以上に利用したいサービスが多々存在します。
上手に利用すれば金利は高いけれど安く抑えることもできますので、少ない金額借りたい人は検討してみてもいいと思います。

 

借りる期間によって利用するキャッシングを選ぶ

利息は借りている金額と借りている期間により大きく変わります。
いくら借りたいかいつ返済するかによってどのキャッシングを利用するか選ぶとお得に借りることができます。

長期間なら銀行カードローンがおすすめ

年単位での借り入れを考えているのであれば、銀行カードローンがおすすめです。
銀行カードローンは実質年率4.0%〜14.0%の金利と大手だから可能な低金利で借りることができるので、長くなればなるほど利息の総額が安くて済みます。
「長期間の返済=高額の借り入れ」ということになると思うので、借りる金額が大きい場合も銀行カードローンがおすすめです。

短期間なら消費者金融がおすすめ

例えば1か月以内に返済できるのであれば、消費者金融なら無利息で借りることができるキャンペーンを行っています。
初回のみのサービスになりますので1回きりにはなりますが、1か月以内で急ぎでお金が必要、それも一時的にということであれば消費者金融が最も安く借りることができると思います。

 

金利を考えるとどうしても消費者金融よりも銀行での借り入れが最も安いと思ってしまいますが、借りる期間や金額によっては銀行よりも消費者金融の方が便利でお得な場合があります。
また、消費者金融は銀行の金利の安さ以上にお得で便利なサービスも多く取り扱っているので、消費者金融もぜひ一度検討してみてくださいね。

 

月々の返済額と利息の関係について

各キャッシングやカードローンには、最低返済額というのが設定されています。
最低限返済する金額のことで、これは借りている金額によっても変動しますし、キャッシングによっても変わってきます。
基本的には、借りている金額の何割を最低返済額として設定しており、その金額を返済していけばいずれ完済できる金額となっています。
この毎月の最低返済額が低い方が返済は楽になりますよね。
毎月毎月の返済額が高くなるとどうしても毎月の生活が大変になり、遅れがちになったり追いつめられてしまったりします。
個人的な体験談ではありますが、やはり毎月必死に返済していても、返済期間が長くなればなるほど辛くなってきます。
そうなると、いずれは爆発して新たな借金が増えてしまうこともあり得ます。
そうならないためにも、毎月の返済額を安めにするのは一つの方法ではあります。

 

しかし、毎月の返済額が低い=返済期間が長くなる、つまり利息はどうしてもかさんでしまいます。
利息は借りている期間に比例しますので、利息を安く抑えたい人は、毎月の返済額をアップしてなるべく早めに完済してしまうことがいいと思います。しかし、それを頑張りすぎて完済するのが難しくなってしまうのであれば、毎月の返済額を低めにして気長に確実に返済していくのもひとつの返済の方法だと思います。
自分の財布と相談して、無理のない返済計画を立てることが大切です。

 

キャッシングの金利比較計算

金利を比較するために何日借りてどの程度の利息が発生するのか計算する必要があります。
消費者金融の場合、公式サイトで利息計算のシュミレーションなどができるところもありますのでそちらを利用するのもいいですが、銀行カードローンなどの場合は自分で計算して利息を算出する必要があります。
そこで、金利を計算するための式がありますのでご紹介します。

 

借りているお金の残額×年利×借りている期間

上記の式で、借りている日数分の利息を表示することができます。

 

例えば10万円を10%の利息で借りた場合・・・

 

10万×(10%÷365日)×30日 = 821円

 

30日で821円となりますので、最終の返済は10,0821円となります。

 

となると、10万円を18%の利息で借りた場合・・・

 

10万×(10%÷365日)×30日 = 1479円

 

30日で1479円となりますので、最終の返済は10,1479円となります。

 

つまり、10%の方で30日間借りた方が658円安いので、この程度の差であればOKとするか、これならやっぱり10%の方で借りるか、などの判断をすることができるということになりますね。

 

今回は、この計算式で大体の目安がつくようにということで簡単に記載しましたが、実際は返済もしていると思うので総額も変わりますし、厳密な日数も変わることになります。
消費者金融公式サイトで計算すればもっと厳密な数字がでると思いますので、細かい利息が知りたい方は、借りたいと思っているキャッシングの公式サイトで計算する聞いてみるのがいいと思います。
実際に問い合わせてみれば、計算して数値を出してくれると思いますので確認してみるのもいいと思います。
また、それくらいの気持ちでキャッシングをするというのも大切なことかもしれませんね。

更新履歴